2017年7月10日月曜日

人は焦るもの

7月7日(金)は、リード3回目。
女性TMさん、女性TDさん、男性STさん、女性DIさん。
講習後に、少しメールやり取りをしたなかで、「焦り」という話が出ました。
講習生の多くは、年齢的に焦りがあるという話。
マルチピッチとか、沢登りを目指すにあたって、あまりにも先が長く感じるとか。(当塾のシステムだと、ジムリードから順々に卒業していただくので。)

さて、私なりの結論。
「急ぐな。」というのが、完全には無理だというのも分かります。私も、20代の頃から焦りはありましたし、今でも無いとは言えません。
焦ることのデメリットを理解し、練習のゴールだけでなく過程(出来ないことがチョットだけ出来るようになる状態)を楽しんでいただけるなら、それ以上は私に言えることもありません。

さてさて、本日でTMさん、TDさん、STさんの3人は、ジムリード講習を卒業といたしました。
目標課題である、本気トライまでは実践しませんでしたが、出来るだろうと見込まれたので次のクラスに進んでいただければという判断です。もちろん、もう1回受けてみたければ、是非とも復習受講してみてくださいませ。

ダラリン

7月6日(木)は、昼がムーヴLv.0で、新規男性SKさん。
夜はリード1回目で、女性ODさん。
本日、レスト練習をしていたときに、ODさんの発見。

「腕をダラリと降ろしちゃった方が、なぜかバランスが良いです。」
これまで、腕をダラリンとさせて来なかったODさん。
片手でホールドを保持しつつ、レストする側の腕は下げずにおりました。(じゃぁ、その手は何をしていたんだ!という疑問はありますが。)

ダラリと降ろす手は、片足バランスのときの切っている足と同じで、それなりにバランスに影響するもの。
というのが、分かったようでした。

さて、少しマニアックな応用例ですが。
降ろした腕で、フラッギングみたいなことは通常やりません。
が、サイファーみたいに反動をつけるのに利用することもあります。
腕を降ろしたり、チョークアップのために背中の後ろに手を回すことで、バランスを崩すケースでは、手を降ろさずにレストすることもあります。
<まだ半分しか読めていませんが、『インドアクライミング』の改訂版って印象。>

教えるほどに、ムーヴの理屈が体に染みてくるのは、ありがたいことです。

2017年7月6日木曜日

富士山シーズン前

7月1日(土)、2日(日)は、富士山の新人研修にて、吉田ルートから吉田口山頂へ。
新人だけでなく、私も緊張が高まります。

毎年、「よく、あんなことが出来てたもんだ。」と信じがたくなります。混んでいて、ほとんど素人さん20人くらいを引き連れて、大荒れになることもある富士山。
夜間登山で、山頂御来光を狙うツアーも多いです。

3日(月)は、ぐったりとレスト。
4日(火)、5日(水)は、観光案内を復習しようと思い立ち、1人で富士山麓へ。
初日は、村山浅間神社、須山浅間神社、裾野資料館と回って、夜はピラニア吉田店。道の駅にて、車中泊。
2日目は、富士山ミュージアム(博物館みたいなもの)に1日ウロウロして、夕方に北口本宮浅間神社に行って、帰宅。
吉田うどんも食べて、もう心臓ドキドキです。

始まってしまえば、2週間強なんてアドレナリンで乗りきれるとは思うんですけどね。
富士山のアドレナリンは、冬山の稜線で吹雪かれたときに似ています。ちょっとヤバイんだけど、何だか妙にやる気出ちゃう感じです。
そうなるって分かっているのに行く気持ちは、ムズカシめの本チャン前夜みたいなもんで。

とりあえず、今週末までは、普通にクライミング講習予定です。

2017年6月28日水曜日

霞がかった未来

6月27日(火)は、無料体験。
今回は、4名の満員にて。
本日の最後、講習を続ける場合の流れを説明すると、
「リードを覚えたい。」、「リードまでやるかは分からない。」、「リードって何ですか?」
という様々な感想が。
講習に来る人も、様々ですね。

ガイド(インストラクターを含め)には2種類居て、連れて行くか、自分で登る方法を教えるかです。

クライミングで言えば、リードしてトップロープを張るか、リードを教えるかが、最大のターニングポイントでしょう。
もうちょっと登れる人なら、ムーヴ中心に教えるか、難しめのルートに自分でチャレンジする方法(オンサイトトライ、ハングドッグ、敗退シナリオ、などなど)を教えるか。

当塾の特色は、リードを教えることにあると思いますので、もし興味があれば是非ともどうぞ。
ムーヴLv.0、ジムリードと道のりは長いですが、出来るようになれば、自力で登った感が強くて楽しい世界ですよ。

2017年6月27日火曜日

セルフビレイあれこれ

6月25日(日)は、雨中止にて、ロープワーク講習。
男性KBさん。
<終了点でギアが足りない想定>

本日の講習とは関係ないのですが、翌日の山の知り合いを増やす会で、SG嬢からの発案で大いに盛り上がった議題。
セルフビレイはPASか、メインロープか。

この話、場合分けが大事ですね。
①用具そのもののメリット
PAS:
ロープと独立して確保できるので、混乱が少ない。
メインロープをハーネスから解く場面で有利。

メインロープ:
セルフビレイを長くしたい場面で有利。
これに慣れるとPASを持っていかない、という選択肢を持つことが出来る。
ロープ自体に衝撃吸収機能があるので、セルフを緩めて不意落ちしたときに、有利。(テラスが広いと、稀だが)
②PASあり、無しでマルチピッチのリードをするメリット
PASあり:
ロープワークが楽。(メインロープと独立して確保できるから)
セルフビレイを2系統から取った方が良い場面(荷上げやフィックスロープなどでビレイ点が混雑して、ヒューマンエラーの可能性が高い、など)で、1つをPAS、1つをメインロープorその他のスリング、といった形式にすると便利。

PASなし:
本気トライ的なピッチ(orワイドなどは易しくても?)の際に、ギアラックに干渉するものは、無い方が有利。(小川山、ミズガキなどで、デジマルグレードが付いたマルチを登る際などが典型例)

他にも、色々あると思いますが状況次第なのですよ。

PASを持っていくか持たないかを、毎回考えていますか?
PASを持っていても、メインロープで確保する選択肢を考慮に入れていますか?

「絶対メインロープでやるべき。」
ってのも怪しげな思考停止です。

反対に、
「マルチでは、常にPASがあった方が良い。」
ってのも同じく思考停止だと思います。

自分の結論を疑ってみましょう。
マルチピッチ講習まではPAS禁止ルールで、メインロープに慣れてもらいますけどね。

2017年6月26日月曜日

一段落

さて、明日は恒例の山の知り合いを増やす会です。
今からでも参加可能ですので、希望される方は連絡のほど、よろしくお願いいたします。

6月23日(金)、24日(土)は、講習も入らなかったので、直前に休業に切り替え。
夏前ラストチャンスのつもりで、瑞牆のマルチ。

久々に、日記風に。
<佐久間の塔の頂上>

前回、宿題の大面岩の6P目(5.13a)。
とりあえず、横からアプローチできるか否か、1人で偵察に。

昼前に入山して、1人で沢登り的な高巻き、チムニー、懸垂下降を紆余曲折。
簡易のソロシステムとかも使って、ルーファイ間違いと藪こぎに「コンニャロー!」と声を荒げる。
<懸垂下降したり、ユマーリングしたり>

だいぶ疲れて、17時過ぎに下山。
翌朝の早朝(?)3時集合は、気が重い。
<小面岩が見える>

例によって、朝2時起床。
ここ2ヶ月で感覚が狂い、暗い中で高柳と朝の挨拶を交わすのにも慣れてしまった。
まるで、富士山の御来光ツアーだ。

駐車場でギアや本日の流れを高柳と確認して、3時に出発。
4時に1P目の取り付き。
<取り付きにて、まだ暗い>

明るくなって、高柳の1P目(5.12a)。
出だしでポロ落ちしたものの、仕切り直して無事R.P.。
これにて、高柳は各ピッチR.P.完了。
おめでとう!

この時点で、朝5時半。
ここから、昨日発掘したアプローチを目指して、再度荷物をパッキングして出発。

高柳は、もう宿題ピッチが無いだけに、付き合わせるのは申し訳ない限り。
<1P目>

歩きとユマーリング、懸垂下降などを交えて、2時間かけて6P目の取り付き到着。

まだ8時。
風も吹いていて、コンディションは悪くない。
2トライは行けそうだ。
<無事にR.P.>

1トライ目は、核心ムーヴで迷って力尽きる。
最近の雨で、チョーク跡はすっかり流れている。
核心ホールドにチョークを付け、ヌンチャクを残して次に備える。

2トライ目は、核心にてホールド欠けにてフォール。
身長を活かして、誰も使っていないであろう結晶をつまんでいたのだが・・・。
ただ、風が吹いて状態が良かったせいか、前回は可能性を感じなかったムーヴを試したら、案外できた。

そして、日が当たるギリギリまで休んで、9時半に最終トライ。
大レスト中は、前日のアプローチ探しが走馬灯のように頭をよぎった。
運の要素もありつつ、際どくR.P.。
(通算3日間、8トライ)
<ユマーリング>

テラスに戻って大休憩。
再度ユマーリングして、6P目の終了テラス。

続く7P目(5.11b)は、トポには簡単なダブルダイノとあるが、私の身長ではそのムーヴは存在しない(笑)。
半ば予想通りの5.10ノーマルな感じで、無難にフラッシュ。
あとは、各種作業をこなし、ゆっくり夕方に下山。
<元気いっぱい>

という訳で、主要ピッチはR.P.完了です。
いやー、終わって良かった!

正確には、2P目の5.11aはフォローで登っただけで、最後のⅢ級(?)らしいの大面山頂へのピッチは登っていません。
今回は、目標が主要ピッチのトレースなので、細かいことは気にせず。

ひとまず、今回のトライについて感想。

①モヤモヤ感
普通のフリーマルチとして登る(オンサイトワンプッシュ)のは、無理。そして、予想通り各ピッチR.P.は、モヤモヤ感が残る。
「登ったんだってね!」と友達が褒めてくれても、「いや、あれは登ったっていうか・・・。」と答えることになりそう。
まぁ、秋に何かしらの形で下からトライはすると思いますが、モヤモヤ感が取れることは無いスタイルになること請け合いなのが悲しいところ。

②各ピッチR.P.は、それはそれでゲーム的
上部ピッチが苦手系でも、グレードを信じて何が何でもR.P.すべし、というプレッシャー。幸い、核心は3P目(5.12d)だったと思いますが、6P目でシーズン終了という憂き目に合いそうだったので困りました。
ただ、このスタイルは、開拓者以外は一般的ではないでしょう。しかも、週1、2回のサラリーマン休みのクライマーには、高柳のような友人が通っているという特殊な環境下でしか成立しないので、今後も一般化しないでしょう(笑)。
ただ、このゲームを一応クリア出来た、というのは根性無しの烙印を自分に押さずに済んで、ホッと一息です。

③良い経験
普段やらないユマーリング(空中ユマールが下手すぎます)、ハンギングビレイでの大休憩、アルパイン的なタイムマネジメントと本気トライ戦略、などなど。
高柳先生の動きを参考に、真似ぶことが多かったです。
あとは、高柳先生が逐一「このピッチを、誰々さんがオンサイトしたんですよ。しかも、継続登攀中のワンプッシュトライで。」と教えてくれるので、トップクライマーの息遣いを遠目に見るよう気がしました。遠すぎて、結局は見えていない気もしますが(笑)。

4P目あたりから、徐々にその気になってしまった今回。
気づけば、GW以降は高柳としか登ってませんよ(笑)。
生活スタイルもクライミングスタイルも異なる高柳先生ですが、初めて真骨頂を見た気がします。目標ルートへの集中力は、すごいです。
お世話になりました。

でも、当分は自分のスタイルに戻りましょう。
生活も、ルート選びも、朝の集合時間も。

2017年6月24日土曜日

話のポイントは何か

6月21日(水)は、ムーヴLv.0。
女性ODさん、女性Hさん、新規女性IKさん、新規女性TGさん。

6月22日(木)は、リード2回目。
男性STさん、女性TDさん、女性DIさん、女性MKさん。

2回分まとめて。
本日のリード講習中の方が、ムーヴLv.0で悩み中の方が友達で、その人にリード(あるいは疑似リード?)をさせたら、
「楽じゃなきゃリードできない、ってことが凄く良く分かった。」
ということがあったそうです。

ムーヴLv.0では、安定して登ること、楽に登ることを強く意識してもらいます。
ただ、リード経験があるからこそ、その必要性を感じられるというのはあると思います。

よくある話なんですが、この手の話を聞くたびに思うこと。

①カリキュラムに改善の余地あり
(どう改善すべきかは、今後も考えます。毎日、マイナーチェンジはしてますが。)

②講習生同士が友達なら、講習で言わんとすることをディスカッションすることは、意義深い
(的外れになっちゃう可能性も十二分にありますが、それも含めて良い経験、という広い心でやりましょう。)
一方で、リード経験ゼロのリアル初心者でも、楽に登ること、安定して登ることに凄く興味津々な人もいるんですよね。
まぁ、でも教えやすい人だけを教えて、自分の成果のように語るのは、いわゆるダメな指導者の典型らしいです。自己研鑽の気持ちで参りましょう。

とはいえ、これを読んで受講中の方がちょっとだけ教えやすい講習生を目指してくれたら、お互いにプラスですね(笑)。

さて、ムーヴLv.0では、IKさんとODさんはジムリード講習に進んでO.K.といたしました。
もし良かったら、頑張ってくださいませ。