2018年9月22日土曜日

感想を味わう

9月19日(水)は、リード3回目で、女性SBさん、女性STさん、女性Hさん。
9月21日(金)は、ムーヴLv.0とリード1回目にて、新規男性FTさん、男性IDさん、男性KMさん、2コマ目のみ男性FTさん。
印象に残った感想3つ挙げてみます。

FTさん「基礎の基礎が、大事だと思うんです。」
(結構なボルダラーだが、リードは初級レベルで終わっていたらしく、学び直しに来た。)

IDさん「ホールドの効く方向とかは、古典物理だから理解できるんだけど、そこで人間の体がどう振舞うのかが難しい。」
(理系の高学歴クライマー。)

KMさん「今まで、適当に登ってたんだな。」
(クライミング経験が少ない山屋さん。)
もちろん、似たようなことを仰った過去の講習生はおりますので、おおよその気持ちは汲めると思います。

ただ、表現が違えば受ける印象も違うものです。
さらに、それを発言した人のバックボーンやら、その日の講習での動きを思い出して、
「なるほどねー。」と思いに浸る私です。

2018年9月18日火曜日

シークエンス

9月17日(月、祝)は、岩場リード講習にて、小川山。
女性FSさん、一年半ぶりの女性ADさん、新規女性KRさん。
<久々に、シークエンスが話題にあがった>

「ムーヴを考える」、「ムーヴを変える」、「ムーヴを固める」、などの言い方があります。

で、「このムーヴってのが、何だか分からない。」という質問も、よくあります。
どう分からないかによって、答え方も違ってきますが、私の中では2つに分類しています。
<身体が回転しちゃう>

①手順足順、おおまかな身体の態勢(正対、側体、キョン、など)。
誰もが使う訳ではありませんが、シークエンスと呼ぶ人も多いです。

②ホールディング、ちょっとしたバランス、足の置き方、など。
便宜上、私はコツと呼びます。
<かわいい女(5.8)、FSさん>

①を他のクライマーにアドバイスするなら
「そこは、(次のホールドを取ってから足を上げるんじゃなくて)先に足上げてから次のホールドを取った方が良いんじゃない?」
「そこは、マッチより飛ばしの方が良いんじゃない?」
「足は、1個下げた方が楽じゃない?」

といった具合です。

どの方法を選択するか、といった話です。
<レスト中>

②をアドバイスするのは、結構難しくて
「足をジワっと馴染ませると、結構良いよ。」
「そこは、腰をグッと入れると手がチョット楽になったよ。」
「なんか、ちょっと腰落としたら良かった。」

などなど。
<かわいい女、第一核心>

シークエンスを代表する場面。

1.効率的なR.P.トライのためには、ハングドッグで自分に最適なシークエンスを探し出すことになります。
で、最終トライでは、それを再現。

2.O.S.トライでは、レストポイントでシークエンスの予測を出来るだけ立てます。
読みが外れることも織り込み済みで、2、3通り以上のシークエンスを予測しておくことも多いです。

3.多くの場合、本気トライでシークエンスを失敗すると手痛いロスになるので、コツの意識は2番目(そして、多くの場合は忘れがち)。
ちょっと悔しいですが、ある程度は仕方ないでしょう。
<どうにか突破!このままフラッシュ成功>

コツの中には、
「腕を伸ばした方が、レストのとき楽なことが多い。」
「足は、つま先で置いた方が、色々便利。」
などの超初歩的なものもあります。

僕の周りの人はあまりシークエンスって言わないのですが、頭の中で整理するときには便利な用語ですよ。
ところで、久々のADさんですが、上手になっていて驚きました。
本人も、「以前もされたような話だけど、今の方が分かる。」などと言っていて、楽しそうでした。

FSさんも、一皮むけた感じで、だいぶ落ち着いた本気トライでした。
あとは、ハングドッグと終了点作業ですかね。

2018年9月15日土曜日

オートビレイ機が増えた

9月11日(火)は、1コマ目がムーヴLv.0。
男性YZさん、女性SDさん、女性TTさん、新規男性FTさん。

2コマ目がリード3回目。
男性YZさん、女性SDさん。

9月12日(水)は、ムーヴLv.0にて、女性NIさん。
ランナウトに、オートビレイ機が2台増えました。
なんと、計6台!

高さ7mぐらいの初心者壁っぽいところにまで設置され、1人で来てもほぼ全ての壁で遊べる感じになりました。
さて、オートビレイ機の練習のメリットデメリットは、色々だと思います。

僕も、オートビレイで沢山登った時期もあれば、「やっぱ、ジムでもリードしなきゃダメだ!」という意識で登った時期もあります。

そういう深くて意見が割れそうな話は、とりあえず置いておいて。
講習していると、オートビレイは結構良いなと思っています。
一番は、フォール時の受身姿勢の上達。

通常のトップロープだと、一度完全にストップして、それからロワーダウンに入ります。

それが、オートビレイだと、ストップなくロワーダウンに入ります。
それが最初は怖いのです。
ただ、これがリードのフォール時の状態をスローモーションで再現していることになります。

僕自身、ランナウトのスラブ壁を登り込んだお陰で、ロワーダウン姿勢が上達したと感じています。
今回の2日間では、その話はしなかったので、講習内容とは無関係なブログです。
ただ、ランナウトの状況が変わった分、僕の教え方にもマイナーチェンジがありそうですね。

さて、本日でFTさんはジムリードに進んでO.K.といたしました。
引き続き、よろしくお願いします。

2018年9月12日水曜日

自立

9月9日(日)は、岩場リード講習にて、小川山。
女性NNさん、男性KTさん、女性ODさん、新規男性ODさん。
<アプローチ練習>

自立した登山者、クライマーとは、何でしょうか?
人によって色々あるかもしれません。

能力、心意気という意味では
「自分と同じかそれ以下のパートナーと、岩場で登れる。(初見の岩場、初見のルート、など。)」
というのが分かりやすいでしょうか。
<ムーヴ練習>

ガイド登山、自分より経験のある先輩と登るのは、連れられ登山、甘え、の要素をゼロにすることは難しいものです。

感覚的には、実家暮らしのフリーターが、一人暮らし出来るかどうか、みたい感じです。
<リード中>

もちろん、社会的には実家で暮らしたって良いですよね。
家賃は安いし、家事はゼロかもしれません。
親も喜ぶかもしれません。

ただ、どっかで「自分は甘えてるんじゃないか?」という後ろめたさを感じたりする、というアレです。
<ビレイ>

そんなとき、
「いや、家賃は入れてるよ。」
「家事もやってるよ。」
と、言いたくなるのも人情だと思います。

※僕は、25ぐらいまで実家に居ても何もしなかったので、している人はエライと思います。僕は、さらに苦しい立場でした。(笑)

どれだけ重要項目を抑えても、「自立していないんじゃないか?」という疑惑は拭いきれない苦しい立場です。
自分の実家暮らしを思い返しても・・・。

では、
「とりあえず、一人暮らししてみたら?」
と周りは言いたくなりますし、実際に僕も十人以上には言われました。

「それで十分に生きていけるなら、実家暮らしも自立した人間同士で良いんじゃない?」

これをクライミングに置き換えると、経験ある先輩と登りつつ
「いや、リードはちゃんとしてるよ。マルチは、ツルベだよ。」
「アプローチも、ちゃんと自分のロープは自分で担いでるよ。」
って感じでしょうか。
<小川山ショートストーリーをR.P.する、女性ODさん>

講習を受ける前でもガンガン自力で登る人、卒業したら行く人、卒業しても経験ある人と登りたい人。

人それぞれで、
「自立が全てではない。」
と言われたら、会話にはならないでしょうか。
<偏見かもしれないが、男性は自立心が強い気がする>

ただ、自立したクライマー同士のパーティは、たとえ実力差があっても気持ちの良いものです。
そんな関係を目指して欲しいと、私は思います。

「今すぐなれ!」
とは言いませんので、是非とも。

2018年9月10日月曜日

シンプルな感想

本日の22時より、10月の予約受付開始です。
よろしくお願いします。

9月4日(火)は、リード1回目、2回目。
女性SGさんが1コマのみ、男性YZさん、新規女性SDさん。
9月6日(木)は、リード3回目。
男性STさん、女性KDさん。
4日はSGさん、6日のKDさんから、
「リードって、色々考えながら登るんですね。いや、なんか当たり前みたいで、スミマセン。」

という、全く同じような感想が聞けました。
具体的には、ロープを足に絡ませるとどうなるかを説明して登ってもらったら、なんだか色々と気を使いながら登る必要が出てきた場面でのこと。
自然と、登りはゆっくりと落ち着いたものに近づいていきました。

この感想、まだまだ1年後、2年後にも同じ言葉が出ちゃうかもしれません。
リードって、本当に色々考えながら登るんですよ。

2018年9月8日土曜日

本日の容量オーバー

9月1日(土)は、雨予報にてロープワーク講習。
男性KTさん、男性MKさん。
本日の17時頃、ちょうどキリが良くなったところでKTさんに、
「他に、何か聞きたいことはありますか?」
と尋ねると。

「今日は、これ以上聞いても、覚えきれなさそうだから大丈夫です。」
という回答。

なるほど、良さそうな自己判断です。
教える側は、あれもこれも教えたくなるものです。

この心理については色々と思い当たる節もあり、教わる側からしても「多分、こういう心理でドンドン教えたくなるのだろう。」と予想できる部分もあるでしょう。
ファーストエイドの研修を受けても、富士山で様々な研修をしても、スキースクールを受講しても、この辺の講師心理は同じなんだろうと思います。

教えすぎないことが教えるコツ、とは私にとって耳の痛い話でしょうか。

練習の質を保つために、量をセーブする、ということの1つの手段ですかね。

2018年9月7日金曜日

10月の予約受付

こんにちは。
9月10日(月)の夜22時より、10月分の予約受付を開始いたします。

富士山明けから開始した指の治療。
10年以上、両中指の変形を放置しておりました。曲がった指がジャミングに不便になり、ようやく手術に踏み切りました。

とりあえず、左中指の手術から2週間が経過して、抜糸も完了。
日常生活に不便なほど困ったのは、最初の数日ぐらい。
術後1週間からは、リハビリ開始してます。

あとは、様々な手をやりくりして、ほとんどの講習は中止せずにやってはおります。
2回、中止をお願いしてしまった方には、大変ご迷惑をおかけしました。

一番問題なのが、自分のクライミングが全く不可能なことです。この状況だと、湯川の掃除も無理ですしねー。
とりあえず、昨日は八王子市の体育館でエアロビとヨガを合わせて300円、というコースを受講してみました。

やはり、エアロビは合わない気がしますが、あまりに出来なくて悔しいので、もう何回かは行こうと思います。60代以上の女性が、ものすごくキビキビと激しい運動をしているのが印象的。
もう数日したら、プールに切り替えてしまいそうですが。

どこかのタイミングで、右手もやる予定です。
が、今回の教訓を活かして、10日くらいは休業期間を作って手術に臨もうと思うので、年末年始とかにするかも。
先のことは、分かりません。

こんなことを書くと、ますます予約が来なさそうな気もしますが(笑)。
とりあえず、自分が登れない以外はほぼ平常運行なので、ご安心ください。