2018年6月21日木曜日

どこでピッチを切るか

6月17日(日)は、マルチピッチリード講習にて、小川山。
女性IUさん、男性NSさんのペア。
<1P目のフォロー>

マルチピッチにおいて、どこにビレイ点を作るかというのは、なかなか難題です。

最近のブログで、複数支点で構成する場合のリスク分散についても書きました。
カム、ナッツ、ハーケン、細い立木、などなどでの話です。

今回は、十分に太い立木があって、それでも初心者を惑わせるケースについて。
さて、毎度のアナログ図で失礼します。

図1が、マルチピッチの入門書とかに書いてある状態。
1P目と2P目の間に、程よいテラスがあり、そこでビレイ点も運良く構成できるというパターンです。

図2が、1P目と2P目の間に緩傾斜があり、そこに複数の立木があるパターン。
Aをビレイ点とすれば、フォローのビレイをするときには姿が見えて安心です。
Cをビレイ点とすれば、2P目のリードのビレイで良い位置に立つことが出来ます。

他の選択肢として、Aをビレイ点としておき、何らかの方法でCにビレイ点を移して2P目をスタートすることもあるでしょう。
ただ、何らかの方法が、案外巧い方法が見つからず、手数が多くなるかリスクを取るかになりがちです。

また、Cをビレイ点にしておいて、セルフビレイをAあたりまで延長してフォローのビレイを行い、終わったらセルフを短くするという方法もあります。

図3は、大きなテラスはあるんだけど、立木がテラスの落ち口にあるパターン。
フォローのビレイは落ち口付近で行い、リードのビレイに移る前にテラスに移るのが吉かもしれません。その際、念の為に立木からセルフは取っておくと安心です。

図4は、2P目に2ラインの可能性があるパターン。どちらもプロテクションが取りやすいクラックなら、どちらの取り付きでもカムでビレイ点を作ることが出来ます。
ただ、Aラインを登るなら、その真下付近でビレイした方が良いなどの事情が発生するので、どちらでビレイ点を作るか迷うところです。
<ワイド好きになってきたIUさんによる、2P目リード>

講習で行くエリアだと、図1のようなケースは斜度がほぼ一定な越沢バットレスに多い印象です。
小川山、瑞牆だと図2、図3のようなケースが多い印象です。
三ツ峠の残置無視だと、図4が多い印象です。
<3P目に挑むパイセン>

ビレイ点作りは、
①そもそもの支点の信頼度
②フォローのビレイのしやすさ
③リードのビレイのしやすさ
④足場の安定(精神的、体力的な負担の軽減につながる)
⑤ビレイ点作成に掛かる時間
などを総合的に判断して決める必要があります。

講習生を見ている印象だと、焦りがちな人は④とか⑤にフォーカスするイメージがあります。
その都度ごとに最適解も異なりますし、人によって意見が別れる場面もあるでしょう。

それでも、原則論は皆同じ。
ムーヴを考えるのと同じようなもんで、考える時間が必要です
<4P目をルートファインディング>

 焦らず、時間を掛けて検討していきましょう。
<初めてのカムビレイ点>

<4P目のフォロー>

<景色も上々>

<5P目のクラック>

<ウィニングロード>

<ここでトップアウト!>

<懸垂下降で、どハマリ中>

<余った時間で、クラックを少々オンサイトトライ>

<ハンドクラック>

2018年6月20日水曜日

パートナーシップと依存関係

6月16日(土)は、クラックリード講習にて、小川山。
女性Mさん、女性ISさん、男性MKさん。
<晴れました!>

女性がロープが重くて引けない場面で、男性が代わりに引き抜いてあげたら、一般的にはチョット良い場面かもしれません。

ルートファインディングで困っているところで、「右に行けば大丈夫だよ。」と先頭切って歩いてしまえば、出来る人風な気もします。
<お姫様岩>

これと同じようなことは、あらゆる場面で起こります。

体力面なら、荷物量、ラッセル、藪こぎの先頭。
アプローチに懸垂下降が必要なエリアでは、チャチャっとロープを張ってくれて、懸垂下降するだけにしてくれる段取り屋もいます。

もちろん、ショートルートでも同じ。
トップロープを張ってあげたり、ヌンチャクを掛けてあげたり、プリクリップしてあげたり。

その場では助かるんだけど、出来ないことを放置することにもなります。

まぁ、女性初心者を弟子っぽく側に置いて、そのまま自立させたくないんじゃないかというオジさんも見受けますが(笑)。
<セルフビレイが欲しいエリア>

ただ、一方で協力できるところは助け合うのがパートナーだという部分もあります。

パートナーがバテバテなのに荷物を持ってあげないのも、なんだか変です。
それを前提で山に入るのはどうかと思いますが、体調不良などの不可抗力も色々あるでしょう。

同様に、男性の方が力(とか体重)があったり、ルートファインディングに実力差があったり、ロープワーク、テント場での生活能力とか、色々あると思います。
<ネイキッドクラック>

これは依存なのか、それとも協力関係なのか。
ボーダーラインは、正確には引けなさそうな気もします。

ただ、明らかな例だけ上げてみましょうか。

余裕でロープを引き抜ける場面なら、パートナーに引き抜いてもらっても良いと思います。
ビレイ点で、手が届かないところの荷物を引き寄せてもらうのも、全く問題ないと思います。
<まだ、トップロープでの練習中の2人>

あえて、真逆な例を挙げます。

ある山岳会が、20名ほどで初心者岩場に来ていました。
男性数名のみがリードしていて、トップロープを張ってあげて、皆を登らせていました。
そして、テント場に戻ると半分くらいの人が宴会料理をチャキチャキと準備していました。
リードしていた男性は、先に飲み始めていました。
リードも料理も出来ない人は、ちょっと申し訳なさそうにしていましたが、大型車を出している人は心持ち気楽そうです。

これはこれで、ギブアンドテイクが成り立っていますので、良いのかもしれません。
相補的なカップルが上手くいく、なんていう話もありますし。

ただ、最低限のスキルがある人同士のディスカッションが生まれないので、上達は見込めないでしょう。
<終了点より>

この手の話を書くたびに、自分が他人に依存しているダメな部分に思い至ります。
腐らず、頑張りましょう。
<最後まで、天気は持ちました>

2018年6月18日月曜日

少しワイルドに

6月15日(金)は、雨天にてロープワーク講習。
男性TSさん。
クラックをやるようになると、終了点が立木という機会も増えます。

終了点も含めてナチュラルでという思想で、終了点用のボルトを打たないこともあります。
観光地だからボルトが打ちにくくって、ルート上も終了点もナチュラルだと、1番問題が起きにくいというケースもあります。

先日書いたように、ボルト無しでも登れるということは、そもそもルートになっていないラインを適当に登れるということでもあります。そういう場合も、立木は有難いものです。
また、クラックをやるようになると、ロワーダウンや懸垂下降中にカムを回収することになります。
懸垂下降中に両手を離して作業したいということだと、仮固定やバックアップも役立ちます。
過去の講習生が、
「ボルトだけやっているうちは、そこまでロープワークの重要性を感じないですよね。」
と言っていたこともあります。

確かに、終了点作業を練習しても、結び替えがちょくちょく出てくるぐらいで、懸垂下降も稀ですからね。

こうやって、徐々に整備された岩場から飛び出して行けるスキルを身につけて行くのは、楽しいことです。

2018年6月15日金曜日

教訓探しの旅

6月13日(木)は、リード3回目。
男性FMさん。
本日の本気トライ1本目は、オンサイトトライ。

オブザベ結果を尋ねると、ムーヴの話ではなく、クリップのタイミングの話だけが返って来ました。
「あそこのホールドは持てそうだから、それを左手で持っているときにクリップして・・・。」
なかなか慎重な性格で、素晴らしいですね。

実際にリードすると、オブザベよりも早いタイミングでクリップすることに。
どうにかクリップ出来ないかと、態勢を試行錯誤。ようやく安定できて、クリップ!

これを繰り返して、終了点数手前でフォール。
しばし休んで、2トライ目のレッドポイントトライ。

と、今度は全体的にクリップのタイミングは遅め。
クリップ忘れを私から指摘されることもあるほど、クリップが疎かに。

そして、R.P.。
<ちょっと前に作った5.11b>

さて、戦績という意味では完登です。
しかし、クリップ忘れを指摘されるというのは、ちょっと危なっかしいものです。
長い目で見れば、“危なっかしい完登”は“安全なフォール”に劣るとも言えます。

一体、これは何が原因なんでしょうか?
できるだけ、過ちは繰り返したくないものです。

さて、本日でFMさんはジムリード講習を卒業といたしました。
よろしければ、また岩場で宜しくお願いします。

2018年6月14日木曜日

下降を考えてトライする

6月12日(火)は、自分のクライミングにて、瑞牆。
K君と。
以前から、小面岩やバベルの塔に行く際に気にとめていたクラックを3本登って来ました。

うち1本は、瑞牆トポに載っていました。
あとの2本は、不明です。
<1本目にオンサイトトライするK君>

<出だしは、わりと良いサイズ>

<前夜は大雨ということもあって、下部はビショビショ>

<徐々に晴れて来た>

<2時間ハングドッグで、ようやくトップアウト>

<2人で登ったら、少しは綺麗になったかな?>

<2本目は、さすがに登られていそうな課題>

<下山後に、カフェ・オレ(5.9)だと知る。>

<こちらは、1時間半のハングドッグでムーヴ解決したK君>

その左に、フレアーチムニーを1本登って、本日終了でした。

さて、トポに載っていないNPラインを適当にオンサイトするという話になると、

「見た目で、おおよその難易度に検討が付くか?」
ということよりも

「終了点の保証が無いのに、下降はどうするの?」
といった質問をよく受けます。
私なりにパターンが幾つかあるので、列挙してみます。

図1は、ちょうど終了点に立木があるもの。
これは、普通のルートにも時々あるパターンなので、いつも通り懸垂下降で回収。
たまに、ロープ半分以上出てしまったりすると、パートナーにフォローで上がってもらって別ラインから懸垂下降することも。

図2は、終了点にしたい場所から少しトラバースした場所に立木があるもの。
トップロープにしてロワーダウンして、トップロープで回収便を出せばカムも回収できます。

図3は、クラックそのものがハングorトラバースしており、懸垂下降での回収が困難なタイプ。
これも、普通のルートにも時々あるパターン。
図2と同じ方法で対処することが多いです。あまりに流れが悪いときは、トップロープよりはリード&フォローの方がマシな時もあります。

図4は、終了点はカム残置で降りて、後ろから回り込んで終了点回収できるタイプ。
図5は、カムでピッチを切って、もう1ピッチ登れば立木に辿り着けるタイプ。

図6は、壁の途中でクラックが途切れてしまうタイプ。クライムダウンorエイドダウンの回収になります。

図7は、部分的にクラックが途切れるタイプ。登れてしまえば立木の懸垂でシンプルですが、途切れるセクションがランナウトするので、難しい場合は敗退です。

オブザベの段階で、ある程度は終了点の可能性を絞り込んでおいて、持っていくギアを決めます。

常々、私はこういうことを考えてオンサイトするのが好きみたいです。
特に、トポに載っていないorトポを見ないで取り付く場合は、先行きの不安感を解消する術を総動員しながらリードしていくのが最高ですね。

9割オンサイトできる難易度でも、十分にエキサイティングだと思うんですよね。
もちろん、やってみたら難しいこともあります。


具体的に登ったルート
・トポに無いワイド(小面岩に向かうフィックスロープの右脇にあるもの) フラッシュ たぶん5.10aぐらいだけど、濡れていて悪く感じた。乾いていたら、普通に良いルートになりうる。
・カフェ・オレ(5.9、レイバック系?) 明らかに登られてそうだったけど、とりあえずトポは開かずにトライ。体感は、5.10b。私がレイバックが苦手なのか、トポ無視の不安感で力んでいたのか、はたまたグレードが辛いのか。とはいえ、素晴らしく綺麗なクラック。
・トポに無いワイド(カフェ・オレの左面) O.S.。ヤブ漕ぎ主体・・・。体感5.10a。たぶん、半日以上は掃除しないと良いルートにはならない。そして、誰もやらないでしょう。

充実の1日でした。

2018年6月13日水曜日

ベータクライミングジム

6月11日(月)は、四ツ谷の近く、曙橋駅にあるベータクライミングジムに行ってきました。
えのきどさんがスタッフをしているので、ジムでのクラック講習を頼まれて。
ここのジムは、1階、2階は今どきのボルダージムです。
居心地も良く、1分前に自分が登っている姿を動画で見ることが出来ます。
フォームなど、自分の癖を知るには、有難い設備です。
で、3階が岩場対策エリアみたいになっています。

高さも見ての通り、ボルダーにしてはちょっと高いので、ロープを使うことになります。
リードの練習だけでなく、ちょっとしたテラスでロープワークの作業練習も出来ます。

高さが低いので、講習会用といった雰囲気でしょうか。
<トップロープ可>

今後、岩場の体験会などの講習も、少しずつ技術習得の方向性にシフトしていきたいんだそうです。
もしかしたら、何か請け負うことがあるかもしれませんね。

オーナーが山屋っぽいので、ボルダリングジムにしてはリードやらマルチに寄っているという感じです。
<岩場用のマットもある>

いつも思いますけど、木枠のハンドジャムって、岩場のハンドジャムより少し難しいですよね。
教えるのは、結構工夫が要るなぁと思います。

クラッカーの皆さま、機会があれば一度訪れてみては?

2018年6月10日日曜日

7月、8月の予約受付

6月12日(火)の夜22時より、7月と8月分の予約受付を開始いたします。

今年も、7月の後半は富士山ガイド中心の生活を送りますので、7月は土日が1回だけという状況になってしまいます。
ご迷惑おかけしますが、どうぞよろしくお願いします。

8月は、クライミング系の講習だけでなく、沢登り講習にも良い季節ですよね。
もしよろしければ。