2018年10月18日木曜日

究極のシチュエーション

10月14日(日)は、ロープワーク講習。
男性KBさん、久々の女性KIさん。
私が学生のとき、文部省登山研修会に参加したときのことです。

セルフレスキューに関するディスカッションで、当然のように出て来たのが、リードの墜落。いわゆるリードレスキューですね。
私も含めて学生は全体的に、そのシステム自体を自分が理解できていたかも怪しい状況です。

でも、「こういう状況だったら、どうするんですか?」
という講師(ガイド、山岳警備隊、大学山岳部コーチ、など)への質問は過激です。

・リードが落ちて、意識不明。流血あり。
・ロワーダウンは出来ない。「大ハングの下に落ちた。」、「下に渦巻いた滝壺がある。」など。
・ロープは半分以上出ている。
・2人パーティ。
・無線、携帯電話は無し。(あるいは、通じない。)
・リードが落ちてぶら下がっている最終支点は、ハーケン1本。そこまでもランナウトしており、その1本が抜けると、さらなるフォールが予想される。
・リードが落ちたラインは、ロープが流れている登攀ラインとは離れていて、途中まで登っても手は届かない。
・当該ピッチも易しくはない。
・3ピッチ目以上の高さ。

講師からの回答としては、
「ほぼ助けられないと思いますよ。」
「ハーケン1本で登り返しして、リードレスキューするくらいだけど、やっぱり時間は掛かるでしょう。」
「怪しいハーケンとか言うけど、リードのロングフォールを止めたんだから、たぶん大丈夫じゃない?(抜けることも、あるだろうけど・・・。)」
「(ビレイヤーである本人が)岩場からエスケープすることを考えた方が良いですよ。」
ってな感じでした。

まぁ、今思えばそうなりますよね。
最高レベルの人でも、無理なものは無理。
一方で、岩場でATCを落とした際に、ムンターヒッチなどが出来ずに救助要請というのもあんまりだと思います。
登り返しさえ知っていれば何のことは無い、という救助要請とかも。
これあたりは、最低限知っておきたいトラブル対処、と言っても良いと思います。

思うに、この中間ぐらいの事例が、本当は大事なんじゃないかと思います。

私も、過去にパートナーが本チャンやマルチ3P目以上の高さで大フォールをしたことが2度あり、どちらも負傷して救助搬送になりました。
幸いにして、上記のような究極のシチュエーションではなく、本人も意識があったのでロープワークとしては単純なロワーダウンなどの組み合わせで平坦地まで降ろせました。

でも、一度は考えてみたくなる究極のシチュエーション。
一体、どのくらい条件を緩めれば、現実的に解けるパズルになるのでしょうね。

2018年10月16日火曜日

体験講習リターンズ

10月13日(土)は、マルチピッチリード講習にて、三ツ峠。
NSさん夫妻。
<1P目>

今回は、私がリードして、フォローしながらシステムを学んでもらいました。
マルチピッチ体験講習がそれに当たるんですが、ちょっと特別メニュー。

前回の体験講習があまりにも大変過ぎてシステムそのものが頭に入らなかったり、マルチピッチに対するイメージもあまり良くなさそうだったように思えたので。
<侮れない三ツ峠>

ただ、振り返ってみると、マルチピッチ体験を2度、3度と受けた人は何人も居ます。

最初は「楽しい!」、次は「なるほど、こういうシステムになっていたのか。」、それから徐々に「本当は分かってなきゃいけない事項(最終的には、ちょっとしたセルフレスキューも含めて)が、多すぎますね。」といった精神的なステップがあるように見えます。
<2P目は、2人ともテンションが入った>

NSさん夫妻を見ても、その3つの感情どれもあるようです。
個人的には、「楽しい!」のステップが少なそうで、心配しておりましたよ。
<ときどきガス>

そうは言っても、ここ数ヶ月もコツコツと5.8、5.9のオンサイトを貯めてくださった二人。
奥様の戦績(講習で触っていない5.8~5.9)を聞くと、オンサイト3本、フラッシュ3本、レッドポイント1本(2日間)、宿題0本、という着実な成果。
ボルトルートも登りながらなので、大したものです。
<岩稜歩きのようなピッチ>

今後も、ゆっくりにはなりそうですが、着実にマルチピッチも覚えて行きましょう。

<トップアウトして、三ツ峠の山頂!>

今回、余った時間でカムでのビレイ点の作り方や、ピナクルでのビレイ点の作り方をやったりも出来たので、ゆっくりと見せかけて案外早いかもしれませんが(笑)。
<下山>

2018年10月12日金曜日

強くなってきました!

10月11日(木)は、リード3回目。
女性SBさん、女性STさん。
<5.10bの辛めのやつを、足自由ver.に私が指定して、R.P.トライ。渾身のトライで、見事に決めました。>

ながらく掛かりましたが、お二人はジムリード講習を卒業にいたしました。
頑張った甲斐があって、見違えるほどリードが分かって来たと思います。

普段から登っていて、頭脳明晰な人を教えるのも、面白いとは思います。
「1つ教えれば・・・」
といった感じで、次々と的を得た質問や感想が飛んで来ます。

一方で、ゆっくりな人を教えるのも、面白いと思います。
これは、大袈裟ではなく。

一番困るのは、早く上手くなりたいという気持ちが先行し過ぎて、焦っている人でしょうか。
<5.10bをR.P.するSTさん>

また、ゆっくりな人の方が、本質的なことを語るという印象もあります。
苦労した分、落ち込むこともあったと思います。
競争意識と離れ、自分の上達や、システムの理解にだけフォーカスした時間も、プラスなのかもしれません。
大袈裟に言えば、挫折して自分を見つめ直すという過程を、初心者段階で味わうのかもしれません。

本日の本気トライで、
「落ちたら落ちただ。」と言って気迫のR.P.を決めたSBさんは、なかなかのものだったと思いますよ。

もし良かったら、引き続き岩場リード講習でお会いしましょう。

ゆっくり登る利点

10月8日(月、祝)は、岩場リード講習にて、小川山。
女性FSさん、女性ADさん、男性KTさん。
私も初心者時代から登るのが特に遅く、マルチであれ、沢であれ、
「もっとスピードを意識しろ!」
とは言われてきたものです。

ただ、本能的に怖くて早く登ることは諦めました。
具体的には
・(速く登ろうとすると)蝉になる可能性が否定できない。
・浮石のチェックがおろそかになる。
・ラインの見落とし、プロテクションの見落とし、ホールドの見落とし、などが増えて、かえって時間を食うこともある。
・足置き、ホールディング、身体のバランスなど、全ての動作が雑になる。
などなど。

結局、「危ないクライミングをやる人ほど、ゆっくり登るべきなんじゃないか?」 という結論に達しました。
イメージは、フリーソロの気分。
<ゆっくり派のADさん>

一方で、ジムの被ったルートで行きつ戻りつして、ゆっくり登ることはエネルギーロスが大きいです。
レストポイントに戻ったつもりが、かえって消耗してゲームオーバー。「テンション」コールという場面も、よくあるものです。

こういうケースでは、敢えて戻らないという判断も必要です。
※それでもレストポイントに戻って、手順を組み直してスタートした方が良いこともある。
<生木が倒れたよ(5.9)をO.S.する、FSさん>

さて、話を戻すと、講習生を見ていても素早く登る人は、見ていてドキドキします。

しかし、本人は素早く登っているつもりが無い、というのが難しいところ。
おそらく、何かしらチェックを省いているとしか思えず・・・。
<甘食(5.10b)をO.S.する、FSさん>

登ること自体、ゆっくり安全に行きましょう。
事故確率低く、10年、20年とクライミングを続けるために。

マルチでのスピードアップは、また別の技術で補っていくと良いと思いますよ。
<マイルドタジヤン(5.8)をO.S.する、ADさん>

さて、今回でFSさんは、岩場リード講習を卒業といたしました。

長らく、頑張ってくださりました。
ではでは、念願のクラックリード講習で、よろしくお願いします。
<同じくフラッシュするKTさん>

<甘食をO.S.する、KTさん>

2018年10月10日水曜日

学びの分岐点

10月7日(日)は、クラックムーヴ講習にて、瑞牆。
男性ITさん、女性HSさん、男性MKさん。
<アプローチのチムニーをオンサイトする、HSさん>

本日は、ワイドクラックを御所望ということで、地獄エリアのクラックの森。

HSさんの学びにとって、悩ましいタイミングがありました。
それを振り返ってみます。
<バケモノ屋敷1P目をフォローする、MKさん>

アプローチは、バケモノ屋敷1P目の左にあるチムニー。
それがノープロテクションになることにビビりつつ、見事にオンサイト。
フォローのITさんを引き上げ、昼前には講習エリアとなるクラックの森に到着。
<深海魚をO.S.する、MKさん>

このエリア、講習生に取り付けそうなものだけでも4ラインぐらいあるので、好きなものを選んでトライしてもらいます。

HSさんが選んだのは、バッドエンド(5.9、スクイーズ~オフィズス)。
オンサイトトライではあえなく撃沈。ハングドッグしてムーヴを試みるも、解決できずにエイドダウン。

とりあえず、私がそこの部分を何通りかの方法で登って見せたりして、次回のトライに期待という流れ。
<バッドエンドで苦戦するHSさん>

続く、ITさんがフラッシュトライで行くも、同じ結果でエイドダウン回収。
HSさんは単純にムーヴが出来ないのですが、ITさんは凄く怖い怖いと仰っておりました。
<同じくITさん>

さて、ここで再びHSさんの番です。
本人には、2つの選択肢が浮かんでいた様子。

1つは、バッドエンドに再挑戦。

残念ながら、苦戦していたのは下部核心で、見た目にも明らかに上部核心が待ち構えています。そういう意味で、2トライ目も完登の可能性は低いでしょう。
しかし、1回目に敗退したムーヴに、何か光明を見出して帰りたいとすれば、下部を突破出来たらエイドダウン回収するぐらいのつもりでムーヴ練習に取り組む人もいるでしょう。
<MKさんの2本目>

もう1つは、深海魚(5.7、チムニー)をオンサイトトライすること。

これまた、ノープロテクションに近いルートなので、易しそうでも途中で恐くなって敗退する可能性もあります。
一方で、明らかに易しそうで、完登できそうな気配はプンプンです。
せっかくの講習、せっかくの瑞牆ということで、「小さなものでも成功体験を持って帰りたい。」という状況です。
<ITさん、ハングドッグ中>

私も、HSさんには後者のチムニーをオススメしました。
山屋なHSさんは、オンサイトで成果を挙げながら、ムーヴを学ぶというのが合うように感じたので。
<エントランスでハングドッグする、MKさん>

一方で、やはり登り終えたHSさんは、少し腑に落ちない様子です。
それもそのはず、深海魚のチムニーは、アプローチで登ったチムニーに動きが似ており、
「なんだか、結局このムーヴしか学べていない。」
という感想が漏れます。

私の見立てでは、HSさんがバッドエンドのムーヴを解析するには、あと2~3トライ欲しいように思いました。
ですから、そちらを選んでも、本日中に大きな達成感を得られることも無かったかと思います。一番良いパターンでも、初回に敗退した箇所が解決するぐらいでしょう。何も進捗しなければ、打ちのめされて帰ることだってあります。
諸々勘案して、今回の判断はベストだったと、今も思っています。

ただ、自分の取り組み方を俯瞰するために知っておくべきなのは、それでも宿題や出来ないムーヴが気になって、もう一度ハングドッグに挑むクライマーも多いということです。「レッドポインター気質」とでも言えば、雰囲気が伝わるでしょうか。
<深海魚をフォローする、ITさん>

まぁこれって、岩場じゃなくてもジムでも同じことですよね。

山屋はオンサイトに強くあるべきだけれど、レッドポインターならどうするかを常に念頭に置いて行動するのも良いかもしれません。

2018年10月9日火曜日

カム戦略の初歩

10月6日(土)は、クラックリード講習にて、小川山。
女性Mさん、女性ISさん、男性STさん、男性YZさん。
今回、擬似リードをしてみて、ほぼ全員が取ったタクティクスが
「直近のカムが、足元(あるいは足首)くらいまで来たら、次のカムセット。」
というもの。
ボルトルートをやってきて、「このぐらいのランナウトは、さすがに耐えないと。」と思っている部分もあるでしょう。
もっと頻繁にセットすると、滞在時間が長くなって疲れますし、ムーヴに使える部分を埋めてしまう心配もあるようです。
一方で、下部が難しかったり、テラスが途中にあったりすると、それではグランドフォールすることもあります。

なので、見栄えは悪いけど、
「ジム並みの間隔で、カムを打ちまくって行く。」
というのが戦略的にも有効な場面もあります。
カムが色とりどりな様子から、「万国旗みたい。」なんて言う人もいます。
実際には、これに加えて「特に自分が落ちる可能性が高めセクションは、カム1個頼みはなるべく避けたい。(固め取り、など)」などの事情も加わって来ます。

まとめると・・・。
諸事情あって、ボルトルートのボルト本数よりは遥かに多めにカムを決めることになると思います。

「そうは言っても、あんまり多いとなぁ。」
と思う部分もあるでしょう。

これ以上のことはケースバイケースでしか答えられませんし、人によって答えも違うでしょう。
クラックは、ボルトルートとは大分違います。
でも、ボルトルートを真面目にやっている人は、何を話しても理解が早いなと思います。

全ては繋がっていますので、大丈夫ですよ。

2018年10月6日土曜日

チョンボクリップ at ジム

10月3日(火)。
1コマ目がムーヴLv.0で、男性YZさん、女性SDさん、新規女性SKさん。
2コマ目がリード3回目で、YZさん、SDさんが続けて参加。

10月5日(木)は、リード2回目&3回目。
男性FTさん、男性IKさん。

今回ジムリード講習を受けた4人は、皆さん卒業です。
ジムではクリップに困ったときに、他のホールドを使ってクリップするという手段があります。
大抵の場合、5.8や5.9で使われるガバが近くにあったりしますし、足自由にするだけでも一気に楽になるでしょう。

これを、今回はチョンボクリップと呼んでいます。
(岩場のチョンボ棒と、原理は同じなので。)

先に断っておきますが、これを禁止すべきだとは思っていません。
アリだと思ってはいますし、ジムで強い人を見ても結構やっているように見えます。

また、ジムでスタイル云々というのも、何か違和感があります。(もちろん、ジムですら皆さんスタイルは様々だと思うときは多々ありますが。)
ただ、これをどの程度で許容するかは、練習方法として差があるように思います。
例えば、オンサイトトライ中の5本目のクリップが出来ずに困った、という状況。

①5本目がクリップできずに、テンションコールせずにチョンボクリップ。

②5本目がクリップできず、4本目まで戻ってテンション。少し休憩して、もう一度はクリップムーヴを試みる。ダメなら、チョンボクリップ。

③5本目がクリップできず、4本目が膝下になるまでは突っ込んでみる。それでもクリップできず、フォール。以降、ハングドッグして、ムーヴ解決を試みるのと同じくクリップムーヴを試し続ける。何度かやってダメなら、チョンボクリップ。

④ひとつ前(③)の方法で、ハングドッグでクリップ方法が何度やっても見つからないなら、潔くロワーダウンして次回のトライに期待。(見かけ上は、“チョンボクリップなし”というスタイルに拘っている感じ。)
どれが正しい、ということも出来ないとは思います。
ちなみに、雨の日に「普段は、フリークライミングなんかやらねえんだけどさぁ。」みたいな山屋のオジサンは、5.10aをトライして①をやっている印象が強いです。ついでに言うと、そのままテンションせずに足限定と足自由を織り交ぜて、トップアウトだけはする人も多いです。そして、どの部分を足自由にしたかは、もはや記憶には残らないという。

とはいえ、「強い人は、①を絶対やらない。」とも断言できない気がするのが難しいところ。

チョンボクリップすれば、トップロープ状態で安心してムーヴ練習できます。
我慢すれば、何とか突破できたら大きな経験値になるかもしれませんが、突破できずに悶々と考え込むスパイラルも有り得ます。

ただ、「そんなに早くチョンボしちゃったら、弱くなりそうじゃない?」とか、「十分頑張ったから、クリップ部分は割愛して上部練習してみても良いんじゃない?」とか、見ていて思うことが多いわけですよ。

練習方法として、このチョンボクリップをするタイミングというのが、意外と重要だと思うんです。
次のクリップに困って色々考えている状態というのは、練習の質が高いのかもしれませんね(笑)。