2018年4月18日水曜日

山の知り合いを増やす会

さてさて、来週の4月23日(月)に山の知り合いを増やす会です。

岩場リード講習、クラックリード講習くらいの方も、是非とも御参加くださいませ。
参加希望の方は、私まで御連絡ください。

鹿の湯

4月9日(月)~11日(水)は、小川山・湯川の周辺。
最終日は、湯川でN村さんと掃除。
<湯川>

N村さんが今回1本、掃除&初登してくれたライン。

鹿の湯(5.9?)。
“黄昏の舞姫”から15mくらい右側、10m弱の短いコーナークラックです。
<N村さんが登っているのが、ツムツム(5.9)。3mほど左のコーナーが、今回掃除した鹿の湯。終了点は、共通。このあと、もう少し掃除するのでご安心を。。>

<掃除中のN村さん>

<月影の騎士、黄昏の舞姫の周辺も、だいぶ整理されてきました。>

<夕方、掃除を終えて、R.P.するN村さん。残念ながら、まだ綺麗さは・・・。>

もともとは、山のためにクライミングを始める人が講習生にも多いし、私もそうでした。

実際、当初目的の通りに役立つこともあります。
安定したムーヴとか、本チャンでの核心部ピッチの解決力とか、ビレイの上手さとか、カムセットへの信頼とか。
<筑波のN見さん>

一方で、クライミングそのものが楽しくなったことで、山への見方も変化してきます。

登山道を歩いていても、綺麗な割れ目に惹きつけられるというのは、よく聞く話。
それが趣向によって、スラブであれ、ボルダーであれ。

そうなると、本チャンっぽい壁やら沢登りに行っても、登りたいラインに変化が現れたりもします。

反対に、シークリフのエリアでフィックスロープしたり、ユマーリングしてアプローチしたりすると、もはやこっちが本チャンなのではないかと思うときも多々あります。
<K君は、ロッキーロード(5.12a)をトライ>

それと同じことが、掃除にもありそうです。

実際、甲斐駒のAフランケで大々的な掃除を行って登られたラインもあるそうです。錫杖あたりなら、珍しい話でもないんでしょうか。
S本先生など、九州に通ってマルチを開拓されてましたし。

とはいえ、今のところ、探検的なクライミングなら掃除最小限なものを選びたし。宮島に行ったときも、30分~0分ぐらいのものを選んで登りました。
<妹岩より、マラ岩>

でも、近場の湯川で掃除をしてみて、少しずつ岩への見方に変化があるのも感じます。

大きな意味ではクライミング観や登山観への揺さぶりなのですが、小さな意味ではラインを読む目が少し成長してきたように思います。
たぶん、ジムでルート作りをやっている人が、オブザベ能力が高まるのと似た現象でしょう。
<ホリデーに敗れるK君>

いつもながら、色々と繋がっていて、興味深いなという結論に落ち着くのでした。
<ロッキーロード>

具体的に登ったルート
1日目:マラ岩周辺
・川上小唄(5.8、スラブ) さすが人気ルート。ミニマムだけど、有難い位置にボルトがあって、アップにも使いやすい。2回ほど。
・レギュラー(5.10c) アップで再登。
・帰って来た開拓王(5.11c) O.S.。本日の目標達成。割と、ギリギリでした。
・キーヘッドの裏側(表側?) 体感5.10c O.S.。キーヘッドより、こちらの方が綺麗なクラックに見えたので。
・キーヘッド(5.10c) O.S.。難しいというより脆いので、いかにして不意落ちリスクを最小限にするかを考えるクライミング。

2日目:マラ岩周辺
・川上小唄(5.8) 何回かアップ。
・レギュラー(5.10c) トップロープでアップ。
・ジャガーノート(5.12a、フェース) 1トライ目でムーヴ解決。2トライ目でも、繋がらず。

3日目:湯川
とあるラインを掃除中。
夕方、鹿の湯をフラッシュさせてもらった。

2018年4月15日日曜日

愛と感動のトライ

4月8日(日)は、岩場リード講習にて、天王岩。
女性Mさん、女性ISさん、女性MKさん、男性STさん。
<終了点作業いろいろ>

1ピッチのクライミングは、普通は個人スポーツっぽい感じです。

登れるも登れないも、全ては自分次第。
マルチピッチとか、テント泊でのパーティー登山とは、ちょっと違います。
<5.9くらいを、とりあえず>

でも、パートナーをビレイする以上は、ちょっと頑張って欲しくなります。
出来れば、完登という手土産も持ち帰ってもらいたいものです。

実際、そういった気持ちのやり取りとか、ビレイの上手下手が、登りに影響を与えるのも、真実だと思います。
本日の本気トライにて、ISさん、Mさんは、ノーリー(5.10b/c)。
2人とも、1トライ目はテンション掛け掛け、どうにかムーヴ解決。

「もう腕が筋断裂している感じです。」
というのが、ISさんの感想。

「5便以内に登れるかなー。」
というのが、Mさんの感想。
<サンコウチョウ(5.10a)をフラッシュするMKさん>

とはいえ、ムーヴが分かっちゃえば思いのほか登れることもあります。
ISさんの2トライ目、薄暗い中で5分5分のトライを魅せます。

が、惜しくも1テン。
ISさんが終了点に着いた頃には、だいぶ暗いです。
誰もがヌンチャク回収と思ったとき、
「どうしますかー?Mさん、残しますかー?」

「えー?」
と我々が驚いていると

「残しまーす!!」
ということで、Mさんの暗闇レッドポイントトライが決定。
しかし、そこはパートナーのMさん。
「ISさんなら、そう来るんじゃないかと思ってました。」
と、苦笑しながら覚悟を決めていた様子。
まんざらでもない雰囲気で、準備開始(笑)。

もはや、薄暗いというよりも暗闇なので、少しでも明るいヘッデンに変えて、いざトライ。
当然、夜間登攀の経験なんかはありません。
<ISさんの2トライ目>

そして、途中で足が切れて皆をドヨめかせながらも、熱いトライでR.P.成功。
薄暗いあたりから観戦モードになっていた、MKさんとSTさんも一緒になって感動を分かち合いました。そして、私も心揺さぶられまくり。

そして、帰路。
ISさんのまとめ。
「あそこで、Mさんにも頑張って欲しかった!!!」
「リードは、パートナーを見つけたり都合を合わせたりするのが煩わしくもあるけれど、喜びを倍増させることもありますよね。」

いやはや、完登していないISさんが言うのだから、そうなんでしょう。
<Mさんの2トライ目。観客の雰囲気は、スーパーファイナル?>

さて、Mさん、ISさんは本日で岩場リード講習を卒業といたしました。

本気トライの質は、期待以上で驚かされました。
正直、本気トライの質は前回レベルで十分だと思っていたので、本日は苦手そうなロープワーク中心で卒業してもらうかなと思っていました。

心底、これからが楽しみな2人だと思いました。

2018年4月14日土曜日

安全になるまで進まない

4月7日(土)は、クラックリード講習。湯川の予定が、天候を見て城ヶ崎に変更。
NS夫妻。
<ジャミング練習>

本日の本気トライは、パープルシャドウ(5.8)。
NS奥様、密かに決めていたことがあったそうです。

「安全になるまで進まない。ランナウトはしない。それが出来ないなら、オンサイトとか完登とかを諦めよう。それで、エイドも習ったから上には行けるし。それで、頑張ってないことになるかもしれない。(石田さんに怒られるかもしれない。)けど、そうしよう。」
<パープルシャドウ>

かくして、無事にオンサイト。

「安全になるまで進まないことに決めていたせいか、思ったより怖くなかった。」
「今までは、どこかで“なんとか登ろう”と思っていたのかな。(自分は、怖がりなのに。)」
<無事にオンサイト>

前回までのトライを振り返ると、
「あのテラスに乗っちゃえば楽になる!」と思ってランナウト気味になったのは、つい1ヶ月くらい前のこと。
(これは、私も分かった上でやることもあるが・・・)

もっと前は、やや自信の無いカムセットだけれど、テンション掛けるのも怖いから進んでしまったこともありました。
(上に活路を求める発想。窮地に追い込まれるリスクあり。)

半年ほど前、初めてリードしたくらいの頃は、自信の無いカムだけにクリップして、自信のあるカムからクリップを解除してしまったこともありました。
(パニック気味。)
「ギリギリの本気トライこそ、“安全>完登”という気持ちで臨みたい。」

言葉にすれば短いものです。
でも、真に体感するのは人それぞれに掛かる時間が違うようです。
<旦那様もフラッシュ>

さて、本日でNS夫妻はクラックリード講習を卒業といたしました。
ゆっくりタイプで、月1回前後で1年強の期間が掛かりましたが、ここから色々と登ると楽しいんじゃないでしょうか。

小川山のジョイフルジャム、小川山レイバック、森林浴、冬のいざない1P目、などなどがオススメです。

2018年4月13日金曜日

大人のスポーツ

4月5日(木)は、リード3回目にて、女性KBさん、女性NNさん。
2コマ目に、ムーヴLv.0にて、男性Mさん。
クライミングは、ギブアップが許容されるスポーツだと思います。

1番分かりやすいのが、本気トライ中のテンションコール。
「怖い」とか、「やる気が無くなった」とかは避けたいものです。
一方で、「ここで落ちたら、実際に危ない」とか、「ロープが足に絡みそう」とかであれば、仕方ないものです。
安全であれば頑張ったほうが良く、リスクが高いと判断すればギブアップが許容されます。

もう1つ例を挙げると、難しい課題に直面したときにも、何回か挑戦してムーヴが出来なかったとします。
そこで、「一旦封印して、もう少し上手くなってからやる。」のか、「現状の実力でも、何か解決策があるかもしれないから、もう1トライしよう。」と考えるかは、判断が難しいものです。

あんまり早く諦めると、それが癖になってしまいます。率直に言えば、ヘタレになります。

とはいえ、ギブアップが悪ではありません。
前者に関しては、リスクを取り過ぎるのもダメです。
後者に関しては、ギブアップこそが優れた練習方法である場合もあると思います。
本チャン、クラックなどと比較して、ジムやボルトルートのことを、スポーツと呼ぶことが多いと思います。
でも、なかなか難しいスポーツです。
色々大変ですが、上手くやりましょう!

さて、本日でKBさんとNNさんは、ジムリード講習を卒業といたしました。
実際、最後の本気トライは2人とも素晴らしいものでした。
引き続き、岩場でもよろしくお願いいたします。

2018年4月9日月曜日

整備された岩場

広島ツアーの後半戦は、三倉。
小川山、瑞牆のような花崗岩で、こちらは整備がキッチリ進んだエリア。
<ぬかよろこび(5.10a、スラブ系)で、どハマリする先生>

登山主体の活動後に、こういうゲレンデ的なエリアに来ると、色々と考えさせられます。

「やっぱ楽だなー。アプローチとか、下地とか、トポが存在することとか、岩が綺麗なこととか。」
「でも、だからこそクライミング頑張んなきゃなー。」
<ワッフル(5.10c、前傾ハンド)、落ちまくるカメチヨ>

で、クライミングを頑張ると、その厳しさを思い知らされます。

初級者あるあるとしては、
「久々にフォールするの、マジで怖いっす!」
「本チャンの歩きっぽい10mランナウトよりも、ボルトルートの難しい50cmランナウトの方が、ヤバイっす!」

実際には、本チャンの方が危険な訳ですが、フリークライミングを頑張るという現実が迫ってくる訳です。
<おじいさんのペタペタ(5.11c、スラブ)で、全く出来ない私>

とはいえ、その辺は何度も何度も経験してきているので、モードチェンジは慣れたもの。

カメチヨ先生など、自他ともに本気トライ依存症と認めるだけあって、初日からオンサイト最高グレード付近を攻めて、フォールしまくりです。
<ワッフルを攻め続ける先生>

一方、私は・・・。

5.10台を4本登った後、「頑張ろ!」と思って5.11cに取り付いたらムーヴも出来ず。
その後、「まだ諦めてはダメだ!何回かやれば、ムーヴ解決できることも。」と自分を鼓舞して翌日までトライを重ねるも、やっぱりダメ。

結局、ツアー中にこれ以上深追いすると、同じ箇所を酷使して痛めそうなので、封印に。
<Cフェースノーマル(5.10b)をO.S.するカメチヨ>

その後も、8割以上で登れそうなルートを、手堅く一撃していく流れ。

これはこれで練習になるのですが、せっかくのゲレンデで“サボリ罪悪感”も・・・。
だからと言って、日数が掛かりそうなR.P.レベルのルートに手をつけるのも、流儀じゃないので、適度な課題探しに苦心します。
<リービットイヤー(5.10b)をO.S.する先生>

で、偶然出会えたのが、新世界(5.11d、ボルトルート)。

見た目に、すごく怖そうだけれど、無理目でもない。
緊張しまくって、日暮れ前の本気トライです。
<ごくろうさん(5.10b)をO.S.する先生>

<しじゅうまえ(5.11a)の私>

<モルモットクラック(5.11a)を敗退するカメチヨ>

得意の行きつ戻りつで吠え、必死のレストで粘り、核心最後のムーヴでも吠え、といった奇跡の頑張りでオンサイト成功!
自分的には、年に数回程度あるかないかの最高のクライミングだったと思います。

いやー、これっす。

これをやんなきゃダメだ、と思ってたんですよ。
<新世界(5.11d)>


続く後半戦も、カメチヨ先生は激アツなトライを繰り返します。

ギリギリ一撃~数トライでR.P.ぐらいの課題が溢れるこの岩場は、彼女にとっては最高に適正な岩場なのでしょう。
<スーパーチムニー(5.10b)で敗退するカメチヨ>

<そして、バッタリ。その日の夕方で、R.P.する根性を見せた。>

一方、私は・・・。

やはり、5.10b~5.11bくらいまでの8割くらい一撃できそうなルートを中心に。
1本、5.12aにトライしてみるも、ムーヴも出来ずに封印再び(笑)。
<入門クラック(5.9)>

整備された岩場では、旬な課題との出会いも大切ですね。
今回、私には1~数本、カメチヨには10本(?)だったということで。

いや、でも流石にこれは私がサボっている証拠なんでしょうか?
<入門コーナー(5.9)>

<ダイアモンドクラック(5.11b)の私>

<への字ハング(5.10c)を2撃するカメチヨ>

具体的に登ったルート
ペースは、2日登って1日レスト。

1日目
・ぬかよろこび(5.10a、スラブ系) フラッシュ
・ワッフル(5.10c、前傾ハンド) O.S.。雑な登りになってしまい、1回リピート。
・花咲かじいさん(5.10c、フェース) O.S.
・むさし(5.10c) O.S.
・おじいさんのペタペタ(5.11c、スラブ) 2トライ、ハングドッグを重ねるも、ムーヴ出来ず

2日目
・ぬかよろこび(5.10a) 再登でアップ。何回か。
・おじいさんのペタペタ(5.11c) 1トライ、ハングドッグするも進捗なし。
・猫パンチ(5.10c、フェース) O.S.
・スウィング(5.11a、カンテ) R.P.3トライ。気合い不足の、しょーもないトライだったと、反省。
・Cフェース、ノーマル(5.10b、色々なサイズのクラック) フラッシュ
<ダブルクラック(5.10d)をフラッシュする先生>

3日目
・エレファントノーズ(5.10b、ハンド系) O.S.。実は、今回一番登りたかったルート。長くて、すごく良いラインでした。
・リービットイヤー(5.10b、ワイド系) フラッシュ
・ごくろうさん(5.10b、クラックと見せかけて最後のボルトセクションが悪い) フラッシュ
・しじゅうまえ(5.11a、ハンド系) O.S.
・新世界(5.11d、フェース) O.S.。死力を尽くしました!

4日目
・門前払(5.7、クラック) O.S.
・触角(5.10c、フェース) O.S.
・シェリー(5.10b、スラブ) O.S.
・つつじの咲く頃(5.9、クラック) O.S.
・みゆきのさしみ(5.10d) R.P.。出だしのボルダーセクションで、20回くらい落ちました。
・キントウン(5.11b、スラブ系) O.S.。これは、結構良い本気トライだった。
<スラブは、ことごとく敗退し続ける料理長>

5日目
・入門クラック(5.9) フラッシュ
・入門コーナー(5.9) O.S.
・ダイヤモンドクラック(5.11b、ハンド~フィスト) O.S.
・への字ハング(5.10c) フラッシュ
・シングルアゲイン(5.12a、フェース) ムーヴが出来ず、敗退。
・花まよい(5.11b、フェース) O.S.

6日目
・門前払(5.7) 再登。アップ
・ダブルクラック(5.10d、ハンド系) O.S.
・男はつらいよ(5.10a、クラックだけどボルトセクション核心?) O.S.
・さるがえし(5.10c、フェース) O.S.
・雨のあと(5.9、スラブ) フラッシュ

なんにせよ、呆れるほど登った広島ツアーでした。

ワイド天国ですが、クラックは若干余裕のあるトライが中心でした。
終わってみれば、一番良い本気トライが出来たのは、ボルトルート2本。
封印したのもボルトルート2本。

とはいえ、難しいクラックもまだまだある三倉。今回、そのエリアに行かなかっただけのこと。
好きなエリアなので、きっとまた行くと思います。

2018年4月6日金曜日

宮島フリークライミング

予告編に続き、広島遠征の本編です。
前半戦は、宮島。
<ロープウェイ>

昨年に清盛クラック(5.11c)に敗退した折に、周りの岩が多いことが気になる私。
ここで、清盛に通って強くなるクライマーも多いのでしょうけれど、私はどうやら根っこが違うようです。
(もちろん、清盛も再訪する心づもりではおりますが。)
<ヤブの中に、ときどき垣間見える明るい岩>

初日は、雨予報ですっかり諦めておりました。
到着早々に、夕方から広島のジムでボルダーして、レストを決め込んでいると何と朝から晴れ!

少しノンビリ、宮島へ日帰り偵察をしてみることに。
行きはロープウェイを使えば、岩場が多い稜線までは比較的楽にアプローチできます。
<初日の獲物!>

とりあえず、ロープウェイ降り場の獅子岩周辺をヤブこぎ。
地形図上の岩場マークには、やはり上質の花崗岩が!

クラック以上に、フェースやスラブの方が美しいという感じの岩質でした。

ただ、今回はボルトを使わず、掃除もほとんど不要で登れるものだけを登るというコンセプト。
カムが効かない岩は、そもそも登れません。

フリークライミングの開拓という見方も出来るでしょうけど、沢登りの滝登りとか、アルパインっぽい遊びという見方も出来るでしょう。
とりあえず、2本のワイドクラックがあったので、リード&フォローで登ります。
<そのうち1本。グッドウッド(5.8)、カメチヨがオンサイト初登?>

ヤブこぎで右往左往は疲れますが、自分で見つけたラインが掘り出し物だったときは、楽しいものです。
ちなみに、もう1本はハッピーエンド(5.9)で、私がリード。
<結局、ヘッデン下山になってしまい、夜遅く帰ることに。>

「この遊び方は、山中での滞在時間が必要だ!」
という、料理長の主張により、2泊分のビバーク装備を持って、再入山。

またしても、ゆっくり出発して、ロープウェイを使用。
観光客の中を、80リットルザックでウロウロするのは、かなり心苦しいです。
<ロープウェイ降り場より、縦走路>

<弥山の山頂付近>

とりあえず、1番の岩の宝庫でありそうな、弥山山頂のあたり。
<ボルダー天国ですが、ダメでしょうね>

色々と気になるラインはありましたが、結局は少し外れたところにあるハンドクラックボルダーを1本登るだけで辞めておきました。

まぁ、これは誰か登ってそうですね。
<ハンドクラック>

ゆっくり縦走を進めて、駒ケ林の南面。
岩屋大師の程近くに、ちょっとしたクラックを発見。
<登山道脇>

カメチヨがオンサイトトライするも、1テン。
私がフラッシュで初登して、降りながら掃除を30分ほど。
ヘッデンで、カメチヨもR.P.しておりました。

岩屋大師(5.10b?)。
<こんな感じ>

<身長160cm以下の人なら、一瞬だけルーフワイドが体験できる?>

ビバーク明けの3日目。
メイン壁の駒ケ林北壁は、午後の日が当たる時間帯にアタックすることにして、午前中は前峠の方面にある岩場マークを偵察。
<駒ケ林北壁をオブザベ>

<前峠の近くの岩場>

前峠の近くでも、4本ほど登れそうなラインを見つけたので、それは最終日に遊ぶ方向で。

午後からの駒ケ林北壁は、クラシックルートもある様子。
いわゆる、本チャン全盛時代のもので、グレードは5.8ぐらいで残置ハーケンとかで登っているラインなのかなと予想されます。

という訳で、そのラインは気にせず、残置無視・トポ無視でレッツO.S.トライ。
<駒ケ林北壁の1P目>

思っていた以上に、クラックは豊富。

そして、案外傾斜が強いです。
風化してカムセットはシビアですが、本チャン系の壁としては快適な部類です。
<2P目>

どうやら、事前に思い描いていた以上にクラシックルートがある様子。
ただ、一番の弱点ラインはヤブこぎ気味、その他のラインは人工登攀のボルトラダーといった様子。

現代的な目線では、興味が沸かないものばかりでしょうか。
今回我々が辿ったラインは、4P目でクラックが途切れて敗退したものの、かなり美しいラインでした。
(敗退用に残したカムは、裏から回って回収できました。)

そこまでのグレードは、ワイド系の5.10前半といったところで、グレードとは無関係に充実の内容です。
クラックが途切れたセクションにボルトを数本打てば、現代的なマルチとして再生出来そうな予感がします。
おそらく、そのセクションはフェース系の5.11aぐらいになるでしょうか。

(まぁ、厳しい人ならノンボルトでしょうけど・・・。)

いい目標が出来ました。
<4日目>

最終日は、前日に偵察した前峠周辺。
どれも、30分程度の掃除をしつつ、オンサイト初登していくという遊び方で。

とりあえず、1本目。
<たまご返し(5.10a)、カメチヨ初登>

2本目、3本目。
<ティラノサウルス(5.9)、カメチヨ。左のフィンガーは、くたびれもうけ(5.10c)、石田>

<ティラノサウルスの上部>

そして、4本目。
<裏番長(5.10a)、石田>

<6番サイズ>

これは、1ピッチのルートとしては、最大の掘り出し物でした。
アプローチさえ近ければ、人気ルートになるに違いないです。
<フラッシュするカメチヨ>

<「超楽しいー!」>

とりあえず、私は駒ケ林北壁に目標が出来たので、再訪する予定です。

今回遊んだような10m~20m程度の岩は、まだ多くありますから、本気で開拓するもよし、僕らのように探検的に遊ぶもよし、といったエリアです。
<下山は、重い>
整備された岩場っぽく成果を問われれば、実に大したことはありません。

4日間で。
5.8~5.10cまでのショートルート、7本。
駒ケ林北壁は、途中敗退。

しかも、アルパインかと問われれば、自然環境は夏の小川山に近いところです。

ヤブこぎで、全身切り傷だらけ。
久々の山っぽい生活で、全身ボロボロ。

それでも、「楽しそうだね!」と言ってくれる方には、是非ともオススメしたい遊びです。
ノウハウ自体は、マルチピッチリード講習とほとんど同じですから、卒業生なら誰でも出来るはず?
<厳島神社>